バラ科バラ属

ハマナス

Rosa rugosa Thunb.

ハマナス
北海道根室市 2005. 8. 10


昭和53年に「北海道の花」の指定を受けた,ある意味このコーナーに最もふさわしい花のひとつ。 選ばれた理由は「純朴、野性的で力強い」「花の色が鮮明で、葉も美しい」「生命力が強く育てやすい」など。 要するに,器量良しで親しみやすい点が評価されたのだろう。某地方自治体のように園芸植物や帰化植物にしなかったのは 良い選択だったと思う。

北海道では海岸に行けば必ずといってよいほど普通に見られる植物であり,波打ち際から少し離れた場所に 大きな藪を作っているのをよく見かける。棘だらけの枝が特徴的なので,たとえ真冬でもすぐにそれと分かる。 花はローズピンクの大輪で,そのままでも 園芸植物として充分に通じる美しさ。実際,花壇などに植え込まれていることも珍しくない。

【生育地】 海岸の砂地,草原など
【生活史】 落葉低木
【分布】 北海道,本州(太平洋側は茨城県以北,日本海側は島根県以北)
【花期】 6〜8月
【備考】 果実の見た目もしくは味が梨に似ているからハマナシと呼ばれるようになり,後にそれが訛ってハマナスになったという 説があるが,異論もあるらしい。