ラン科ハクサンチドリ属

ハクサンチドリ

Orchis aristata Fischer

ハクサンチドリ
北海道釧路郡釧路町 2004. 6. 14


高山植物研究の聖地・白山の名を冠する,ラン科の高山植物の代名詞のような存在。

もっとも,北海道の北部や東部では,標高の低い地域でもその美麗きわまりない花を 見ることができる。高山帯と比較すると環境が比較的マイルドなのだろうか, そういった場所では花つきの良い株が多いように思う。

写真の株が生えていたのは, セイヨウノコギリソウやコヌカグサ,ハルガヤなどの雑草が生い茂る, 海岸沿いの道路脇。シチュエーションがあまりにも突飛すぎて,見つけた当初は舶来の植物かと疑ってしまった。 牧場と冷涼な気候のせいで,北海道には関東ではまずお目にかからないような 妙な外来種が多いのである。スゲの類とかサカコザクラとか。

【生育地】 高山帯(北海道東部などでは平地から)の草原
【生活史】 多年草 
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 6〜8月 


花冠の色には変異がある
北海道根室市 2006. 6. 11