バラ科キジムシロ属

エゾツルキンバイ

Potentilla anserina L. subsp. pacifica (Howell) Rousi

エゾツルキンバイ
北海道根室市 2005. 6. 24

海岸近くの塩分の影響の強い湿地を好むキジムシロの仲間。本州では石川県よりも北でしか見られないが, 北海道ではあちこちで観察できる。 エゾカンゾウなどの目立つ花がまだ咲き出していない頃は,その鮮やかな黄色の花は遠くからでもよく目立つ。

ツルを出して盛んに這い回る点はツルキジムシロに似ているが,葉あたりの小葉の数はずっと多く,普通は9枚以上,多いものでは19枚に達する。 海岸植物らしく光沢が強いこともあって,最初に葉だけの株を見たときはワレモコウの仲間かと思った。 また,花の印象も異なる。エゾツルキンバイの花は,ツルキジムシロのそれよりも色が濃くて冴えている傾向があるように思う。 晴れた日に白飛びしないように写真を撮るのは,至難の業だ。

【生育地】 塩生湿地,海岸近くの砂浜
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 6〜8月

果実と咲き残りの花
北海道根室市 2005. 8. 10