スミレ科スミレ属

エゾノタチツボスミレ

Viola acuminata Ledeb.

エゾノタチツボスミレ
北海道厚岸郡厚岸町 2004. 6. 12

ツボスミレやシロスミレなどと並ぶ,遅咲きスミレの代表種。 春植物たちの花の競演が終わりに近づく頃, 樹々の若葉が開いて暗くなった林の中でひっそりと花を 咲かせる。茎の高さ30cm程度とスミレにしては大柄な割に 若干小さいので,どちらかというと地味で控えめな印象。 しかし,株によって白から淡い紫色まで微妙に移り変わる その色調には捨てがたい風情がある。

なお,タチツボスミレの名を冠するスミレの中ではアイヌタチツボスミレ などとともにやや異端の部類に属し,花の側弁の根元と雌蕊の先端に 太い毛が生えている点で他者と一線を画している。 花がない状態では識別は難しくなるが,草丈が高い点,葉身や葉柄・托葉に 柔らかい毛が生えていることが多い点が手がかりになる。

【生育地】 山地(北海道では平地から)の落葉広葉樹林,草原
【生活史】 多年草 
【分布】 北海道,本州(岡山以北)
【花期】 4〜6月

エゾノタチツボスミレ
北海道釧路郡釧路町 2005. 6. 10