アブラナ科タネツケバナ属

エゾノジャニンジン

Cardamine schinziana O.E.Schulz

エゾノジャニンジン
北海道浦河郡浦河町 2005. 6. 8

晩春から初夏にかけての渓流沿いは,白い花を咲かせるアブラナ科植物の宝庫だ。 柔らかい日差しの下で彼らの涼しげな花に囲まれていると,いつの間にか 心が落ち着いてくる。地方によって種類は 異なるものの,その多くはタネツケバナの仲間。 最もポピュラーなのはコンロンソウやオオバタネツケバナだが,山奥に行けば 本州中部ではオクヤマガラシ,北海道ではエゾワサビやアイヌワサビなど,少々変わった 種類に出会うこともある。

エゾノジャニンジンもそういった地域性の強い種のひとつであり,その分布域は北海道の日高地方に 限られる。頂小葉と側小葉の大きさが変わらない特徴などが似ていることからアイヌワサビの変種とする 考え方もあるようだが,小葉が深く鋭く切れ込むという点で決定的に異なる。 花の直径が1cmを優に超えるということもあって, 同属の中では特にフォトジェニックな印象の強い植物である。

【生育地】 深山の渓流沿い
【生活史】 多年草
【分布】 北海道(日高山系固有)
【花期】 5月〜6月
【備考】 アイヌワサビは全体ひと回り大きく,小葉は丸っこくて鋸歯は目立たない。

エゾノジャニンジン
茎葉のクローズアップ 北海道浦河郡浦河町 2005. 6. 8