ミズキ科ゴゼンタチバナ属

エゾゴゼンタチバナ

Chamaepericlymenum suecicum (L.) Asch. et Graebn.

エゾゴゼンタチバナ
北海道根室市 2005. 6. 24

本州や北海道の高山でお馴染みのゴゼンタチバナに 近い植物。

漆黒の花と純白の苞の鮮烈なコントラストのせいで 両者の識別は容易だが,よく見ると植物体そのものの造りも全く異なる。 ゴゼンタチバナはせいぜい高さ15cm程度にしかならず, 4枚または6枚の葉をツクバネソウの如く1段だけ輪生状につける。しかし,エゾゴゼンタチバナは しばしば高さ40cm程度まで茎を伸ばし,葉を何段も対生させる。 周囲に丈の高い植物が多い草原では,このような草姿の方が具合が良いのだろう。

伐り残しのアカエゾマツ林に囲まれたこの高層湿原では,ゴゼンタチバナとエゾゴゼンタチバナが 同じ箇所に混生していた。上の写真にも右上にゴゼンタチバナの開花株が写っている。 花の色が違うだけでも,随分と雰囲気が変わるものだ。

【生育地】 平地〜山地のやや湿った草原,湿原の辺縁
【生活史】 多年草
【分布】 北海道
【花期】 6〜7月
【備考】 ゴゼンタチバナの葉も,厳密には輪生ではなく対生。

エゾゴゼンタチバナ
北海道浜中町 2005. 6. 24