キク科オオハンゴンソウ属

アラゲハンゴンソウ

Rudbeckia hirta L. var. sericea (T.V.Moore) Fernald

アラゲハンゴンソウ
北海道根室市 2005. 8. 10


キク科の帰化植物には,黄色い大きな花を咲かせるものが幾つかある。例えば,都市近郊ではキクイモ。 少し標高の高い場所に行けばオオハンゴンソウやアラゲハンゴンソウ。 在来の野草の中に溶け込んで生えていることも多いのだが, それでもわたしは彼らの何処かに人工物のような匂いを感じてしまう。 小学校の理科の授業で最初に習ったあの園芸植物− ヒマワリに配色が似ているせいだろうか。

釧路と根室を結ぶ国道の脇には,アラゲハンゴンソウが多い。珍しく朝から雲ひとつない晴天となったこの日は, 黒みの強い管状花と心持ち橙色を帯びた舌状花とのコントラストがいつになく 冴えていた。せいぜい腰の高さ 程度までにしか草丈が伸びないため,大きな群落を作っていてもオオハンゴンソウのような威圧感はない。 それでいて花は大きいので,この仲間では最も器量良しだといえるかもしれない。

【生育地】 路傍,牧場,草原,河川敷など
【生活史】 多年草
【分布】 北米原産の外来種で,北海道と本州などに帰化
【花期】 7〜8月
【備考】 和名は葉や茎に白い粗毛を密生することに由来。