西表島 (沖縄県竹富町)


2005. 3. 12〜14 * 曇時々雨,曇,曇後晴 * 環境はいろいろ

雨に煙る大富林道 バースデー割引を運良く取ることができたので,西表島に心の洗濯に行ってきた。

研究の方が遅れ気味なのに遠出した罰が当たったのか,島に入る前日から 気圧配置が強い冬型になった。そのため,全般的に曇ベース。特に初日は 小雨が冷たい季節風とともに横殴りに吹き付けてくる最悪の天気となった。まあ,この時期ではよくある ことなので覚悟は出来ているし,慣れてもいるのだけれど...。


観察された野鳥 アオサギ
ムラサキサギ
ダイサギ
コサギ
アマサギ
リュウキュウヨシゴイ
ミサゴ
サシバ
カンムリワシ
ハヤブサ
チョウゲンボウ
コガモ
カルガモ
シロハラクイナ
イソシギ
クサシギ
タシギ
キジバト
ズアカアオバト
ヤツガシラ
ツバメ
キセキレイ
ヒヨドリ
サンショウクイ
アカモズ
イソヒヨドリ
アカハラ
シロハラ
ウグイス
セッカ
キビタキ
シジュウカラ
ヤマガラ
メジロ
スズメ
ハシブトガラス

植物を見るついでに視界に入った鳥を観察,といった調子だったので,実際はもっと いろいろな種類がいたと思う。低温・降雨・強風の三重苦に見舞われたとはいえ, ちょっと少なすぎ。

軍艦岩から帰ってきたら,浦内橋の上をハヤブサがシロハラクイナを抱えてノタノタと飛んでいった。 そういえば今回シロハラクイナを見たのはこの時だけだった。また,ズアカアオバトも 星砂の浜キャンプ場の一角で落鳥していた1羽を見ただけだった。

ズアカアオバトの羽根 ズアカアオバトの羽根 現地でメモ帳の上に載せて撮影した


開花していた主な植物種 ツルマオ
ツルソバ
ノゲイトウ
シマキツネノボタン
アリマウマノスズクサ
ヤエヤマコンテリギ
ナワシロイチゴ
オオバライチゴ
シャリンバイ
ギンネム
コメツブウマゴヤシ
オオヤブツルアズキ
クロバナツルアズキ
ナンテンカズラ
カタバミ
ハイニシキソウ
シマニシキソウ
ナガエコミカンソウ
ヤエヤマスミレ
リュウキュウコスミレ
カスミヒメハギ
マツバゼリ
セイシカ
サキシマツツジ
タイワンヤマツツジ
シマイズセンリョウ
リュウキュウコザクラ
ルリハコベ
ハマボッス
ホウライカガミ
クチナシ
ノアサガオ
フクマンギ
ハナイバナ
モンパノキ
チリメンナガボソウ
ヒメキランソウ
ヒメタムラソウ
ヤンバルクルマバナ
キツネノヒマゴ
ウロコマリ
タイワンサギゴケ
オキナワスズメウリ
クロミノオキナワスズメウリ
キダチハマグルマ
アワユキセンダングサ
ツワブキ
テリハノギク
ベニニガナ
ウスベニニガナ
ベニバナボロギク
ウシノタケダグサ
ヤエヤマコウゾリナ
オオキバナムカシヨモギ
ムラサキムカシヨモギ
シロバナイガコウゾリナ
シマフジバカマ
カッコウアザミ
イリオモテアザミ
オニタビラコ
オオジシバリ
ハマサルトリイバラ
シマツユクサ
オオシラタマホシクサ
ナピアグラス
ギネアキビ
ハナカモノハシ
シュロガヤツリ
オオシンジュガヤ
オオヒメクグ
タカサゴサギソウ
etc.

初日は大富林道を終点近くまで。開花していた植物が少ない中,オオキバナムカシヨモギの巨大な姿が目立った。 高さは最大で3mに達し,北海道のヨブスマソウよろしく 路傍に林立していた。展望台を過ぎると奥にはほとんど何も施設がない筈なのに, 結構な人数とすれ違ったのにはちょっと驚いた。

翌日は浦内橋近くの水田を散策してから,寄り道をしつつ星砂の浜まで歩いた。 ツルハグマ,ヤンバルハコベ,オオヒメクグなど見慣れない草花には出会えたが, 目的の植物は幼苗しか見つからず。 その代わりなのかは分からないが,知り合いにばったり遭遇した。お互いサークルに 関係ない単独行なので,全くの偶然である。趣味趣向が似た人は,自然と ある時期ある場所に集まるものなのかもしれない,そう思うと興味深い。

辛うじて咲き残り タカサゴサギソウ クチナシ クチナシ ヒメクグに似るが,穂が白い オオヒメクグ

最終日はマリウド・カンピレーの滝へ。 遊覧船のスタッフに数本後の船便で戻ると伝え,だらだらと渓流性の植物を観察。 晴れ時々曇という前日の予報とは裏腹に,午後遅くになって日が差し始めるまでは相変わらず暗い曇天。 林内では光量が足りず,思うように写真が撮れなかった。

タイワンサギゴケに始めて出会ったのは収穫だったが,まだほとんどの株が蕾の状態。 サキシマツツジ等その他の面々も,花期が終わりかけていたり, 連日の悪天のせいで花が開かなかったりで, 総じてタイミングが悪かったという印象。そんな中,セイシカだけは満開で, すさみそうになる心を慰めてくれた。

タイワンサギゴケ タイワンサギゴケ 別の場所で撮影したものですが... セイシカ いつ見てもきれい サキシマツツジ


back  back