サクラソウ科サクラソウ属

ユキワリソウ

Primula modesta Bisset & S.Moore

ユキワリソウ
群馬県利根郡片品村 2007. 7. 1

サクラソウ,クリンソウと並んで,日本のプリムラの中では最も分布域の広い部類。 黄色い瞳が特徴的な,淡いピンク色の花を咲かせる。

花期はまだ登山道の一部が雪渓に覆われているような初夏の走りの頃であり, ユキワリソウという和名はそうした特徴をやや叙情的に表現したものである。これがミスミソウの仲間の園芸名と 被ってしまっているため,あちこちの山で見かけるわりには知名度は低め。 多くの登山客の注目を集めていたこの株も, 聞こえてくる会話から判断するに,ほとんどの人にハクサンコザクラと間違えられていたようだった。

葉の下側は次第に細くなって柄に流れるため,通常,葉身と葉柄との区別は明瞭ではない。 しかし,東北地方以北の本州と北海道には,葉身が急に細くなって明瞭な葉柄となり,鋸歯が典型品よりも目立たない 個体が分布しており,ユキワリコザクラ (var. fauriei)として 区別されている。

【生育地】 山地〜亜高山の岩場や湿地の周辺,草原など
【生活史】 多年草
【分布】 北海道〜九州
【花期】 5〜7月