ユリ科ユリ属

ヤマユリ

Lilium auratum Lindl.

ヤマユリ
岩手県 2007. 7. 26


日本の野草の中では,おそらく単独では最も大きな花をつける種類。

直径20cmを超える大輪の花を 高い茎のてっぺんにたくさん咲かせる様子は,豪華絢爛としか形容しようがない。発育の良い株では,花の重さに耐えかねて 茎がしなだれていることもしばしば。 その草姿に魅せられた愛好家によって海外に持ち出され,カサブランカをはじめとする 多くの園芸品種を作り出す礎となった。 国内においても本種の知名度は大変高く,特に東日本ではユリといえばまずヤマユリのことを指す。

近年,都市近郊では開花個体を観察する機会が少なくなってしまった。 里草地や雑木林の管理放棄が進んだうえ,盗掘が横行しているからである。 もっとも,調査で訪れた北東北のある山里では,谷津のそこかしこにヤマユリの大株が 群生しており,大変壮観だった。草刈りの際,ヤマユリだけは残すということを繰り返した結果,そうなったらしい。 ひと昔前までは,これが普通の光景だったのだろう。

【生育地】 低山,丘陵地の明るい林縁,草原など
【生活史】 多年草
【分布】 本州(近畿地方以北)
【花期】 6〜8月
【備考】 伊豆諸島には変種・サクユリが知られる。花がさらに大きく,暗紅色の斑点がほとんどない。世界のユリの中では 花の直径は最大の部類。