ユキノシタ科ウツギ属

ウツギ

Deutzia crenata Siebold & Zucc.

ウツギ
千葉県松戸市 2006. 5. 28

和名の一部に「ウツギ」という文字を含む植物は,6つの科と11の属にまたがって存在する。 漢字で空木と書くことからも分かるように,彼らはすべて木本であり,枝の内部が空洞になるという 性質を共有している。しかし,花の色や形などのその他の特徴はグループごとに 千差万別。おかげで,樹木の名前を覚えはじめた頃は何度も混乱させられた。

さて,名実ともにそんな彼らの代表格といえるのが,ここで取り上げたウツギである。 最大派閥のひとつであるユキノシタ科の一員であり, 名前はそのまんま,おまけに都市近郊でもごく普通に見られるときている。 初夏の里山をエゴノキやイボタノキ等とともに純白の花で彩るその姿は,古くから 季節の風物詩として親しまれてきた。雄蕊の花糸に大きなヒレがついていたり, 湯のみの真中に茶柱を立てたような妙な形の果実をつけたりと,細かく観察しても面白い。

【生育地】 平地から低山にかけての明るい林内や林縁,路傍など
【生活史】 落葉低木
【分布】 北海道,本州,四国,九州
【花期】 5〜7月

ウツギ
千葉県松戸市 2006. 5. 28