バラ科チングルマ属

チングルマ

Arenaria arctica Steven ex Ser. var. hondoensis (Ohwi) H.Hara

チングルマ
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 17

雪の多い地方の初夏の高山では定番の花のひとつ。 残雪の周辺の砂礫地などに見渡す限りの大群落を作り,花期のピークには辺り一面をクリーム色の花で埋め尽くす。

一度聞いたらなかなか忘れないその個性的な和名は,稚児車(ちごぐるま)が訛ったものらしい。 稚児車とは子供の玩具の風車のことで,花が終わった後に花柱が長く伸びて羽毛状になる様子をそれに喩えた のだそうな。雪が融けてそう間を置かずに咲き始めるため,人によってはこの状態の方が馴染み深いかもしれない。

なお,本種としばしば混同される植物のひとつに,チョウノスケソウがある。 花弁の枚数が8枚内外であること,葉が単葉であることの2点をチェックすれば,チングルマとの識別はたやすい。 生育環境もずれており,尾根筋近くの砂礫地や岩の隙間など,チングルマよりも乾いた場所に多い傾向がある。

【生育地】高山帯の雪田周辺の砂礫地や草原,渓流沿い 【生活史】落葉小低木  【分布】北海道,本州(中部地方以北) 【花期】7月

チングルマ
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 18