ゴマノハグサ科シオガマギク属

タカネシオガマ

Pedicularis verticillata L.

タカネシオガマ
長野県白馬村 2006. 8. 19

同属のヨツバシオガマ及 びミヤマシオガマとは高山性かつ 美しいローズピンクの花を咲かせるという点で共通であり,しばしばひとまとめにして 語られる。コマクサが高山植物の女王なら,こちらはさしずめ王家の三姉妹といったところだろう。

先端の丸い花冠上唇はミヤマシオガマに, 2〜4枚の切れ込んだ葉が輪生する様子はヨツバシオガマに近い。 花の造型や色のバリエーションの豊富さでは前者に,葉の美しさでは後者に一歩譲るものの, 花の目立ちやすさ,印象の強さという点では本種に軍配が上がると思っている。 "三姉妹"の中では草丈が最も低いため,植物体の中で花序が占める割合がひときわ大きいからだ。 あえて例えるなら,三女になるか。

ユキワリシオガマという別名もあるが,ユキワリコザクラや園芸業界で言う ところのユキワリソウなどのように,雪が融けた脇で 早々に咲き始めるようなことはあまりない。少なくとも,ミヤマシオガマよりは花期が遅い。 花の色が似ていることからの連想かもしれない。

【生育地】 高山帯の風通しの良い草地や砂礫地など
【生活史】 1年草(高山植物としては珍しい)
【分布】 北海道,本州(中部地方)
【花期】 7〜9月

タカネシオガマ
長野県白馬村 2006. 8. 19