フウロソウ科フウロソウ属

タカネグンナイフウロ

Geranium onoei Franch. et Sav.

タカネグンナイフウロ
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 17

グンナイを漢字で書くと郡内。山梨県の甲府盆地の東側の都留,大月,富士吉田あたりを指す地名だそうだ。

本州中部の高山帯のお花畑で見かけるフウロソウは,大抵はハクサンフウロか本種のどちらかである。 ハクサンフウロの花が鮮やかなローズピンクなのに対し,こちらはやや青みを 帯びた透明感のある紫。晴れた日にやや逆光気味なアングルで見上げるのもいいが, 個人的にはむしろやや陽が陰っている時の方が好きだ。特にガスに包まれた時などは,その色調に更に深み が加わって,幻想的な雰囲気を醸し出す。

【生育地】 亜高山帯の明るい草地
【生活史】 多年草
【分布】 本州(関東北部,中部地方)
【花期】 7〜8月

花柄には開出した腺毛が多く,触ると多少べたつく
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 18