ラン科ツレサギソウ属

シロウマチドリ

Platanthera hyperborea (L.) Lindl.

シロウマチドリ
長野県 2005. 7. 17

初夏に高い山に登ると,淡緑色の小さな花を穂のように咲かせるランの仲間を 必ずといってよいほど見かける。その多くはツレサギソウ属。目立たないので 敬遠されがちだが,じっくり観察すると花被片や距などの表情が 種ごとに違っていて興味深い。

この日訪れた木曽の山でも,麓から頂上に至るまでの間に 数種類のツレサギソウ属に出会った。それらのうち,森林限界近くの谷筋に広がっていた草原で 見つけたのがこのラン。それまで歩いてきた暗い針葉樹林の中に多かったキソチドリの類 に比べるとずっと背が高かった。上側3枚の花被片は合わさって兜のようになっており, 距はそれと同じ程度の長さ。葉は5枚以上あり,上の方は次第に小さくなる。

以上の特徴から検索するとシロウマチドリに落ちるが, 中央アルプスには分布しないとする資料もあり,同定には自信がない。

【生育地】 高山帯のやや湿った草地
【生活史】 多年草
【分布】 北海道(大雪,夕張),本州(白馬,立山,木曽駒,南ア)
【花期】 7〜8月
【備考】 ユウバリチドリとも呼ばれる

シロウマチドリ
長野県 2005. 7. 18