カタバミ科カタバミ属

オオヤマカタバミ

Oxalis obtriangulata Maxim.

オオヤマカタバミ
群馬県 2005. 4. 19

日本のカタバミの仲間では,どちらかというと変わり者の部類。 分布域そのものは狭くはないが,かといって何処でも見られるという 訳でもない。

図鑑類には白い花を咲かせると書かれているものの,実際に野外で見た限りでは, ごく淡いクリーム色という印象を受けた。花弁の内側に 赤紫の筋が入ることもあって,他の山地生のカタバミ類とは 一線を画した雰囲気をもっている。 また,葉の展開に先立って下向きに俯いて咲くという特徴も 他の種類ではみられないものだ。

変わっているのは花だけではない。小葉は花の大きさの割りには やたらとサイズが大きく,角に丸みがないので 逆三角形に近いシルエットになる。種小名はこの特徴に由来するのだろう。 カタバミやコミヤマカタバミ等のハート型の葉に慣れていると,視界に入ってから カタバミの仲間だと認識するまでちょっと時間がかかってしまう。

【生育地】 山地のやや暗い林内
【生活史】 多年草
【分布】 本州(関東甲信,愛知),四国,九州(北部)
【花期】 4〜5月

オオヤマカタバミ
群馬県桐生市 2005. 4. 19