キンポウゲ科ミスミソウ属

オオミスミソウ

Hepatica nobilis Schreb. var. japonica Nakai f. magna (M.Hiroe) Kitam.

オオミスミソウ
新潟県佐渡市 2004. 5. 3

山野草園芸の世界では,ユキワリソウは日本サクラソウや野生蘭などと並んで ファンの多いジャンルのひとつだ。標準和名ではサクラソウ科サクラソウ属の とある可憐な高山植物のことを指すのだが,この場合は キンポウゲ科のミスミソウの仲間の総称。トランプのクローバーのような 葉が特徴的な春植物である。

その中でも,オオミスミソウは花の形態の変化がきわめて大きいため人気が高い。 萼片の色は濃い紅色や青紫色から白色まで様々で,株によっては ぼかしや覆輪などの模様が加わったり,時には先祖返りして緑色になったり。 幅は丸いものから細いものまで,数は野生では5〜7枚のものが 普通だが,園芸品種では八重咲きのものも知られる。

こういった場合,自生地で必ず問題になるのが盗掘。実際,新潟のある 有名な群落では,園芸的に価値の高い青色系の花を咲かせる株が狙われた結果, 桃色〜白色の花しか見られなくなったらしい。もともと個体数が多かった ため,カッコソウなどのように分類群そのものが絶滅しそうになるまでには 追い込まれていないのがせめてもの救いだ。

【生育地】 丘陵地から山地の落葉広葉樹林内
【生活史】 多年草
【分布】 本州(日本海側) −日本固有
【花期】 3〜5月

花のバリエーション1 花のバリエーション2 トップ