ゴマノハグサ科ミゾホオズキ属

オオバミゾホオズキ
福島県檜枝岐村 2004. 6. 28

オオバミゾホオズキ

Mimulus sessilifolius Maxim.

夏の日本海側の高い山では常連といってもよい花のひとつ。

鮮やかな黄色の地に 赤い斑点を散らすさまは,そのまま園芸植物として売り出しても問題 ないのではないかと思える美しさだ。 ただし,見かけるのは 高山帯のお花畑というよりはむしろ亜高山帯の暗い森の中。登山道脇の じめじめとした場所に群生していることが多いので,ハイカーに踏まれて 泥濘にまみれていることもままある。器量が良い割にはイマイチ 知名度が低い理由は,案外そんなところにあるのかもしれない。

なお,低山に多いミゾホオズキは花を含めて植物体全体が 小型。雰囲気そのものはオオバミゾホオズキに似ているが, はっきりとした葉柄を持つ点で決定的に異なる。

【生育地】亜高山のやや陽当りの悪い水湿地 【生活史】多年草 【分布】北海道,本州(中部地方以北の日本海側) 【花期】7〜8月



トップ