スミレ科スミレ属

オカスミレ

Viola phalacrocarpa Maxim. f. glaberrima (W.Becker) F.Maek.

オカスミレ
群馬県桐生市 2007. 4. 8

丘陵地でよく見かけるスミレのひとつであるアカネスミレは,その名の通り茜色の花をつけることと, 果実や距を含めた植物体全体に毛が多いことが特徴だ。しかし,なかには側弁の基部を除いてまったく 毛が生えていないタイプもあり,オカスミレとして区別されている。母種のアカネスミレが 何となくぼやっとした見た目なのに対し,こちらはもっとシャープな感じ。毛のあるなしだけで, 随分と印象が変わるものである。

全国的にはオカスミレよりもアカネスミレの方が多数派ではあるものの,この森林公園で 見かけた個体はすべて毛のないものばかりであった。周辺の山域でもオカスミレばかりに出会うので, この地域一帯に共通して認められる傾向であるようだ。「上州花狂い」氏のサイトのオカスミレの項にも,「群馬県南西部はアカネスミレよりも オカスミレの方が多い」との記述がある。

【生育地】 丘陵地の明るい林内や林縁,路傍など
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州,四国,九州
【花期】 4〜5月
【備考】 コスミレの無毛で花色が濃いタイプとは,花弁の基部が閉じ気味に咲くこと,距が細長いことなどで識別できる。