バラ科キジムシロ属

ミヤマキンバイ

Potentilla matsumurae Th.Wolf

ミヤマキンバイ
長野県上伊那郡 2005. 7. 17

キジムシロの仲間の中では,個人的に最も好きな種のひとつである。

高山植物の花は色鮮やかで植物体のサイズの割に大きい傾向があるが,このミヤマキンバイも 例にもれず美しい花を咲かせる。花つきもきわめて良く,大きな株ではそれこそ黄金色の毬の ようになる。写真の個体も,野営場のトイレの近くに生えていたせいで栄養状態が良かったのか, ものすごい数の花をつけていた。高山の生態系の本来のあり方を考えるとよろしくないのだが, あまりの花の多さに思わずしばらく見入ってしまった。

夏山シーズンのピークからやや花期がずれるのが災いしてか,普通に生えている割には 目を引くことは少ないが,存在感では登山者のスター的な存在になっている何種類かの 高山植物たちに決して引けをとらない。ある意味,隠れた名花といえるだろう。

【生育地】 高山帯の砂礫地,草原,雪田周辺,低木林の縁など
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 6〜7月
【備考】 同じく高山帯に生える ウラジロキンバイは,本種によく似ているが葉の裏に白い綿毛が密生する。

花弁の基部の橙色の斑点は,花を訪れた昆虫に蜜のありかを教えるはたらきをしていると思われる
長野県上伊那郡 2005. 7. 18