キク科ウスユキソウ属

ミネウスユキソウ

Leontopodium japonicum Miq. var. shiroumense Nakai ex Kitam.

ミネウスユキソウ
山梨県南アルプス市 2008. 7. 27

ウスユキソウは,日本のエーデルワイスの仲間では最も生育環境の幅が広い種だ。

他の種の分布が実質的に高山に限られるのに対し,本種だけはかなり低い山や高原的な場所でも見られる。 それだけに,種内での形態の変化が大きく,狭義のウスユキソウを含めて4つの変種が記録されている。 このミネウスユキソウは,最も標高の高い場所に生育するタイプ。 コンパクトにまとまった草姿は,いかにも高山植物らしい。

基準変種との雰囲気の差に大きく影響しているのは,背丈が低いことと,花序の形態の違いだろう。 ウスユキソウと違って頭花にはほとんど柄がなく,茎の先端に固まってつく。ただ,実際には変種の判断に迷うような個体も多い。草原的な環境が 登山口から山頂まで断続的に出てくるような山では,標高を上げるにつれてウスユキソウからミネウスユキソウへの 移り変わりを観察できる場合がある。

【生育地】 高山帯の草原,砂礫地など
【生活史】 多年草
【分布】 本州(南アルプス,北アルプス,中央アルプス,八ヶ岳など); 日本固有
【花期】 7〜8月