スミレ科スミレ属

マルバスミレ

Viola keiskei Miq.

マルバスミレ
群馬県みどり市 2007. 4. 13

里山で見られるスミレとしては,アカネスミレと並んで最もポピュラーな部類に 入る種のひとつだろう。名前が示すように,葉の輪郭は丸みを帯びている。また, それに合わせるかのように,花びらも幅が広く先が尖らない丸弁。花が白いこと, 葉や茎などに短い毛が生えていることが多いこともあって,アカネスミレ以上に 柔らかというか,優しいというか,そんな印象を与える。

かつては,植物体に毛が生えている株をケマルバスミレ,生えていない株を マルバスミレとして変種分けしていた。しかし,完全な無毛品がほとんど見られないことから, 現在では両者を区別しない見解が支配的のようだ。エゾアオイスミレの別名がマルバケスミレ であるため紛らしいことも,遠因かもしれない。こうした点は,毛をまとうことが多いながら 無毛品(オカスミレ)ばかりの地域もあるアカネスミレとは対照的である。

【生育地】 山地林内
【生活史】 多年草
【分布】 本州,四国,九州
【花期】 4〜5月
【備考】 側弁の基部に毛が生えている個体には, ヒゲケマルバスミレという品種名がついている。