ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

コショウノキ

Daphne kiusiana Miq.

コショウノキ
愛媛県東温市 2007. 3. 23

野生のジンチョウゲ,という喩えがぴったりの植物。

他の植物がほとんど動き出していない 早春に,薄暗い照葉樹林や植林地などの下でひっそりと開花する。 ジンチョウゲ属の在来植物は他にも何種類か 知られているものの,花が小さくて地味だったり,黄緑系の色調だったりするせいで, ジンチョウゲにあまり似ていないものが多い。 その点,本種は,花の外側に細かな毛が生えていて芳香がやや弱いことなどを 除けば,ジンチョウゲの白花品によく似ている。

ややイメージにそぐわない感のある和名は,初夏に赤く熟す果実に コショウのような辛味があることに由来するという。 見た目からして鳥類に果実を食べてもらって種子を散布する タイプのように思えるのだが,そんな味で問題ないのだろうか。 ちなみに,ジンチョウゲも本種にそっくりな果実を つけるのだが,実際に目にする機会は少ない。植栽されている株のほとんどが雄株であるためだ。

【生育地】 照葉樹林などの林内
【生活史】 常緑低木
【分布】 本州(関東地方以南),四国,九州,沖縄 −日本,朝鮮(南部)
【花期】 3〜4月


コショウノキ
愛媛県東温市 2007. 3. 23