バラ科コキンバイ属

コキンバイ

Waldsteinia ternata (Stephan) Fritsch

コキンバイ
長野県諏訪市 2005. 5. 4

和名の一部に「キンバイ」を含む植物は結構多い。 キンポウゲ科の高山植物であるキンバイソウの仲間が最も有名だが,他にも バラ科キジムシロ属,アカバナ科チョウジタデ属,キンバイザサ科の面々など。 これらの植物にはひとつの共通点がある。 お椀形または皿型の花冠を持つ,鮮やかな黄色の花を咲かせるということだ。 その様子を黄金色に輝く梅の花に喩えての命名だろう。 梅にちっとも似ていないことが多いのは,まあご愛嬌。

ここにとりあげたコキンバイも,そういった数あるキンバイたちのひとつだ。 ミヤマキンバイやツルキンバイなど, 同じバラ科のキジムシロ属の面々と比べるとやや花色の鮮やかさに欠ける印象があるが, 花の少ない薄暗い林内でばったり出会ったときの存在感は彼らに勝るとも劣らない。 オトギリソウの仲間を連想させる立派な雄蕊も,ゴージャスな雰囲気を醸し出していて なかなかよろしい。

【生育地】 山地〜亜高山のやや暗い林内
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 5〜6月