ゴマノハグサ科クワガタソウ属

コゴメイヌノフグリ

Veronica cymbalaria Bodard

コゴメイヌノフグリ
東京都文京区 2007. 3. 10

外来植物が豊富な場所というと商業港や牧場の周辺などが思い浮かぶが, 実は大学などの教育施設にもその手のものが多い。研究や展示などの 目的で持ち込まれた植物が野外に逸出・定着するということが,頻繁に起きるためだ。 東京都の小石川植物園も例外ではなく,敷地内には 周辺の地域では滅多にみられない種が少なからず生育している。

そういった植物の中で 最も知名度が高いもののひとつが,コゴメイヌノフグリである。 春先に園内を散歩すれば,順路沿いのそこかしこで大きな群落を観察できるだろう。 花冠はオオイヌノフグリよりひと周り小さく,基部がわずかに黄色を帯びるほかは純白。 果実を含めた植物体全体に長い白毛が多く,葉の鋸歯が深めで先端が尖っていることも 良い特徴である。草姿の似ているフラサバソウ,農薬などの影響で白花になったオオイヌノフグリなどとの混同を避ける ための重要な手がかりとなる。

【生育地】 路傍など
【生活史】 越年草
【分布】 東京都,京都府などに帰化 −南ヨーロッパ原産
【花期】 3〜4月


花冠の中央部は黄色を帯びる
東京都文京区 2007. 3. 10