ツツジ科イワヒゲ属

イワヒゲ

Cassiope lycopodioides (Pall.) D.Don

イワヒゲ
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 17

高山帯で見られるツツジ科の植物には,一般のツツジのイメージからはあまりにもかけ離れたものが多い。 中でもこのイワヒゲは最もぶっ飛んだ部類に入るだろう。

葉は小さな鱗片状に変化して,ひょろひょろと伸びた茎の周りに隙間なく並ぶ。 その様子は種小名が示すようにヒカゲノカズラを彷彿とさせるし, イブキやビャクシン等といったヒノキ科の針葉樹の若枝にも似ている。 葉だけの状態だったら,それらの幼い個体だと勘違いしてもおかしくはないと思う。 乾燥しがちで温度変化の激しい,岩上の過酷な環境に適応した結果なのだろう。 よくぞここまで,と感心してしまう。

【生育地】高山帯の岩場 【生活史】常緑小低木  【分布】北海道,本州(中部地方以北) 【花期】7〜8月  【備考】写真の株は花冠が丸っこい品種マルバナイワヒゲへの移行型