スミレ科スミレ属

ヒトツバエゾスミレ

Viola eizanensis (Makino) Makino var. simplicifolia Makino

ヒトツバエゾスミレ
群馬県桐生市 2009. 4. 18


エイザンスミレといえば,細かく切れ込んだ複葉を持つ スミレの代名詞のような存在。しかし,切れ込みの程度には個体差があって, 地方によっては切れ込みがほとんどない単葉を持つものも見られる。こうした株は, ヒトツバエゾスミレという変種として区別されている。

一般的なエイザンスミレのイメージから かけ離れてはいるが,他のスミレに例をみない粗大な鋸歯に着目すれば,同定は難しくない。 写真の株に出会った山には, 典型的なエイザンスミレから典型的なヒトツバエゾスミレまで,様々なタイプが混生していた。 花色もほぼ完全な白から鮮やかな紅色のものまであって,飽きることがなかった。

なお,エゾスミレというのはエイザンスミレの別名である。 おそらくは北海道のスミレという意味だと思われるが,北海道にはエイザンスミレは 自生していない。何故このような名前をつけるに至ったのかは謎である。

【生育地】 低山から山地にかけての林内
【生活史】 多年草
【分布】 本州(北関東,長野県北部),四国
【花期】 4〜5月
【備考】 白花品をナルカミスミレという。