スミレ科スミレ属

ヒナスミレ

Viola tokubuchiana Makino var. takedana (Makino) F.Maek.

ヒナスミレ
岩手県一関市 2010. 4. 25

数年前から研究のために通っているその山には,スミレの仲間が多い。 数では高尾に劣るものの,アケボノスミレやヒトツバエゾスミレなどといった 淡紅色の花を咲かせる種類が多いのは嬉しい。 林床のそこかしこに咲き誇る彼らの花は,あたかも散り落ちた桜の花びらのよう。 重くなりがちな調査地への足取りも,その光景を想うと心なしか軽くなる。

ヒナスミレは,彼らの中では最も早起きの部類に属する。株によっては4月上旬頃から 咲き始め,他の山のスミレたちの花がピークを迎える頃には既に終わりかけていることが多い。 開花に至らない葉っぱだけの株が多いこともあって,良い状態の花を見つけるのは 結構大変。そんな気難しさを持ち合わせている点といい, 渋い紫色で裏打ちされた洒落た葉のデザインといい,いかにも「スミレのプリンセス」というニックネームにふさわしい。

【生育地】 山地のやや湿った林内
【生活史】 多年草
【分布】 北海道(南部),本州(主に太平洋側),四国,九州(中部以北)
【花期】 3〜4月
【環境省レッドリスト】 ランクなし