キンポウゲ科キンポウゲ属

ヒキノカサ

Ranunculus ternatus Thunb.

ヒキノカサ
茨城県 2006. 4. 16

びっしり 花のクローズアップ1 花のクローズアップ2 林内の株

和名は「蟇の傘」。花を蟇蛙(ヒキガエル)の傘に見立てての命名だ。 ただし,よく庭の主になっているようなでかい親ガエルには小さすぎて使えない。 オタマジャクシから変態して間もないような子ガエルには丁度良いサイズだが, やや春植物的な生活史をもつため,彼らが上陸する頃には花はとっくに終わっている。 語感は良いのだが,よくよく考えると微妙なネーミングかもしれない。

平野部の湿地で見られるキンポウゲ類の中では最も小型であり,茎の高さはせいぜい 20cmあるかないかといったところ。反面,植物体のサイズに対する花の大きさは 最大の部類に入る。大きな株では花茎が数十本叢生することも珍しくなく, 花盛りの頃はなかなかフォトジェニックだ。河川改修や沿海地の開発の進行に伴って 個体数が減少したため,めったにその姿を拝めなくなったのが残念である。

【生育地】 氾濫原や海岸近くなどの日当りの良い泥湿地
【生活史】 多年草
【分布】 本州(関東地方,静岡県,岡山県),四国,九州
【花期】 4月
【備考】 国のレッドデータブックで絶滅危惧U類の指定を受けている

トップ