ユキノシタ科ネコノメソウ属

ハナネコノメ

Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara

ハナネコノメ
群馬県大間々町 2006. 4. 1

ネコノメソウ属の植物は,いずれも山地の湿った場所に生える。 しかし,じっくり観察してみると,種ごとに好みが微妙に異なっていることが分かる。 中でもとりわけ水際に近い場所に多いのが,ここにあげたハナネコノメ。水しぶきが常に かかるような渓流に面した岩場が,彼らのお気に入りの場所である。 他の植物の多くが眠りから覚めていない早春に,沢筋をその純白の四弁花で彩るさまは, コンロンソウの仲間を彷彿とさせる。

なお,西日本に分布するシロバナネコノメは,全体に毛が多いこと・萼裂片の先端が尖ること・ 雄蕊が比較的短く,長さが萼裂片と同程度であることなどでハナネコノメと異なるが,遠目にはそっくりである。 とはいえ,両者は京都付近を境界として東西に住み分けているため,同定に困るような場面は まずない。 この他,東海地方に分布するキバナハナネコノメと紀伊半島に知られるキイハナネコノメも,本種と同じグループに 属する種類である。

【生育地】 山地の渓流沿いの湿地や岩上
【生活史】 多年草
【分布】 本州(福島県〜近畿地方)
【花期】 3〜4月
【備考】 ハナネコノメ・キバナハナネコノメ・キイハナネコノメは シロバナネコノメの変種として扱われている。

花のアップ