キク科ウサギギク属

チョウジギク

Arnica mallotopus Makino

チョウジギク
長野県白馬村 2006. 8. 19

高山のお花畑で黄色いガーベラのような花を咲かせるウサギギクと 同属であるものの,その姿は彼らとは似て非なるもの。頭花には 舌状花が全くなく,その代わりなのか,花柄と茎の上部には 真っ白な毛がびっしりと生える。ただし,ウスユキソウなどのように 植物体の先端近くの全てが綿毛に覆われるようなことはない。 総苞や葉は普通に緑色をしている。

関東で育ったわたしには長らく馴染みの薄い植物であり,北アルプスの 某山に登る機会を得て初めて出会うことができた。しかし,その第一印象は 何処かで見たことがあるなあというものだった。花序の様子が,西表島旅行の際に 強烈な印象を残したツルハグマを 彷彿とさせるものだったからである。 茎がツルになる,総苞まで白いなどといった違いはあるものの,雰囲気は実に よく似ている。分布や生育環境には全く共通する所がなく,系統的にも離れていそうだ というのに,実に不思議なことである。

【生育地】 山地帯〜亜高山帯の湿った草地や岩場,渓流沿いなど
【生活史】 多年草
【分布】 本州(日本海側),四国(剣山)
【花期】 8〜10月
【備考】 毛深い様子からクマギクとも呼ばれるが,同科のクマノギクと若干紛らわしいか。