ツツジ科ツガザクラ属

アオノツガザクラ

Phyllodoce aleutica (Spreng.) A.Heller

アオノツガザクラ
長野県上伊那郡宮田村 2005. 7. 17

ツガザクラの類は,ある意味日本の高山植物の中では最も高山植物らしい植物たちだ。 葉はどうみてもツガやトウヒなどの針葉樹のそれにしか見えないのに,花は ドウダンツツジのそれを更に丸っこくしたような格好をしている。初めて出会った人は, まずその愛らしさに心を奪われることだろう。そして,一般的なツツジの姿から大きくかけ離れたその草姿に 驚き,別天地を訪れていることを改めて実感することだろう。

アオノツガザクラは日本産のこの仲間では最も分布域の広い種類であり, 東日本や北海道の高山ではほとんど常連と言っても過言ではない。仄かに緑を帯びたクリーム色の壺型の花冠と, 腺毛の多い黄緑色の萼が特徴。同属のツガザクラやエゾノツガザクラも分布する山では彼らとの間に様々なタイプの 雑種を作るので,それらを息抜きがてら探してみるのも面白い。合いの子が多いのは, 複数の種類が混ざって生えている場所だ。

【生育地】 高山帯の草地や岩礫地,雪田の周辺など
【生活史】 常緑小低木
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 7〜8月
【備考】 国外では千島,サハリン,アリューシャンからアラスカまで北太平洋沿いに分布する