サボテン科ギムノカリキウム属

Gymnocalycium zegarrae Cárdenas

[ = G. zegarrae var. saipinense Kníze nom. nud.; a variegated clone ]

「サイピネンセ錦」

ゼガラエ変種サイピネンセ
2012. 8. 21; ϕ 9.3 cm

8.9 cm
2012. 8. 21
8.9 cm
2011. 11. 3
8.5 cm
2011. 2. 26

輸入種子由来の斑入りの実生苗。珍品には違いないが,淡黄緑色といった感じの地味な斑色なので,地肌とのコントラストは強くない。そのせいか,通常の苗と同じ価格設定だった。

サイピネンセとはボリビア中部の小さな町Saipinaの近郊で採集されたゼガラエにつけられた変種名である。ただ,現在では母種と区別しない見解が主流の模様。 フィールドナンバーの情報は散逸してしまっていたが,流通しているサイピネンセのほとんどは上記のSaipinaの西方,Santa CruzとCochabambaの州境付近か, それを越えてCochabamba州に入った辺りで採取されたもののようなので,この苗の故郷もその辺りとみて間違いないだろう。

【入手日・場所】 2010. 11. 23 鶴仙園駒込本店にて購入
【入手時名称】 「サイピネンセ」
【入手時サイズ】 ϕ 8.5 cm
【原産地】 母種: ボリビア東部 (Santa Cruz県,Chuquisaca県)
【Field number・由来】 Saipina / 輸入種子実生