サボテン科ギムノカリキウム属

Gymnocalycium zegarrae Cárdenas

[ Syn.: G. pflanzii (Vaupel) Werdermann var. albipulpa Ritter; a variegated clone ]

「天紫丸錦」 「天紫玉錦」 「尾形丸錦」

天紫丸錦
2013. 6. 30; ϕ 9.0 cm / 3.5号鉢

9.0 cm
2013. 6. 30
7.4 cm
2012. 12. 29
7.4 cm
2011. 10. 9
6.8 cm
2010. 12. 19

ゼガラエの紫肌タイプ,天紫丸の斑入り品。通常,サボテンの斑は白色,クリーム色,黄色,淡黄緑色などの色が普通だが,本種のように肌に紫色系の色素が載っている場合,しばしばオレンジ色やピンク色,赤色などを呈するため,観賞価値がとても高い。そのため,同じような斑回りの新天地錦よりもひとまわり高い値段で売られていることが多い。

【入手日・場所】 2010. 9. 20 Cactus Bright社で購入
【入手時名称】 「天紫丸錦」
【入手時サイズ】 ϕ 6.8 cm
【原産地】 母種(ゼガラエ)はボリビア東部 (Santa Cruz県,Chuquisaca県)
【Field number・由来】 不明; 国内実生?