サボテン科ギムノカリキウム属

Gymnocalycium anisitsii (K.Schum.) Britton et Rose

[ Synonym: Gymnocalycium damsii (K.Schum.) Britton et Rose ]

「麗蛇丸」

Gymnocalycium damsii / 麗蛇丸
2013. 4. 22; ϕ 4.4 cm / 2.5号鉢


4.2 cm
2013. 6. 24
4.4 cm
2013. 4. 22

蛇の鱗を彷彿とさせる,規則正しい疣で覆われた球体が特徴的なギムノ。幼苗の疣は下側が紫色,上側が緑色のツートンカラーになっていることが多く,爬虫類っぽさに拍車をかけている。園芸名はその辺りの特徴に由来するのではないかと想像される。

この属の中では最も弱光条件を好む部類であるうえ,数cmの小球でも開花するため,窓際などの室内栽培には最適の種類といえる。ホムセンのサボテン売り場では常連のひとつであり,この苗も極小の素焼き鉢にカラー砂でカチコチに固められて植えられていた。いつも思うのだが,他の鉢花は普通に育つような培養土や鉢で売られているのに,何でサボテンだけこういう扱いなのだろう。

【入手日・場所】 2012. 9. 15 地元ホームセンターにて購入 (入荷元は不明)
【入手時名称】 ラベルなし
【入手時サイズ】 ϕ 3.6 cm
【原産地】 ボリビア,ブラジル,パラグアイ
【Field number・由来】 不明 / 国内実生