ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Vector'

[ Selfed seedling from a hybrid between H. comptoniana and H. bayeri ]

「ベクター」

ベクター (ハオルチア)
2013. 8. 24; ϕ 7.9 cm / 3号鉢


2013. 8. 24

2011. 10. 31

撥水性の造形物の表面に液体を撒き散らしたような紋様が特徴的な品種。

透明窓が独特のぬめっとした質感をもち,葉の側面まで垂れ込むという特徴は,A型コンプトニアナとコレクタの交配に由来するとされる銘品「ガラスコンプト」に似ている。より起伏に富んだ葉をもつ「マリリン」とは兄弟の関係にあるとされるが,「マリリン」は「ガラスコンプト」の自殖によって生じたという実生苗だという話を聞いた。そうであれば,本品種も「ガラスコンプト」の子だということになる。

「マリリン」はいまだに高価であり,オークションなどでは5桁を超える価格となることも珍しくない。しかし,この「ベクター」はピーク時に比べれば随分と価格が落ち着いてきている模様。なお,品種名は数学でいうベクトルと同じ綴りである。スプリング系の交配種に「マトリックス」(行列) という名前の品種が存在するが,同じ作出者によるものだろうか。

【入手日・場所】 2011. 10. 30; 鶴仙園池袋店
【入手時名称】 「ベクター」
【入手時サイズ】 ϕ 4.9 cm
【原産地】 原種: 南アフリカ
【Field number・由来】 種間交配種