ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'NS-1'

[ Selected seedling from H. 'Suisho Compto' or similar hybrids ]

N水晶コンプト実生選抜「NS-1」

水晶コンプト実生「NS-1」
2015. 1. 25; ϕ 8.2 cm / 3.5号鉢

x.x cm
2015. 1. 25
5.8 cm
2014. 3. 22
3.5 cm
2013. 3. 10

透明度の高い窓と,その表面の太い白線が印象的なコンプト系交配種。

種子親の「N水晶コンプト」は,我が家の「特美紋水晶コンプト」に酷似している。それそのものであるかは定かではないものの,同じような交配組合せに由来するクローンであることは間違いないだろう。肌が強光条件下で窓ともども紫に染まるという性質はこの種子親にはないものなので,ラベルに明記されていない花粉親譲りの形質だと推測される。

なお,「NS-1」という名称はどうやら仮のものであるらしく,同名の交配種がこの生産者のハオルチア苗のカタログ中に複数存在する。いずれ,きちんとした命名がなされるかもしれない。

【入手日・場所】 2012. 12. 18; カクタスニシ通販
【入手時名称】 「NS-1 極太白線」
【入手時サイズ】 ϕ 3.3 cm
【原産地】 原種: 南アフリカ
【Field number・由来】 種間交配種