ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Stardust 2'

[ Probably H. bayeri × H. pygmaea ]

「スター・ダスト MK-II」

スター・ダスト MK-U
2012. 10. 10; ϕ 6.7 cm

w = 6.7 cm
2012. 10. 10
w = 6.3 cm
2012. 6. 11
w = 4.7 cm
2011. 12. 4
w = 3.2 cm
2011. 5. 19

形態のよく似たコレクタとピグマエアの交配種が「スター・ダスト」という名前で売り出されている。本品種も同じような交配組合せに由来すると思われるが,販売サイトでは情報が伏せられており,詳細は分からない。

コレクタは透明な窓の表面に白い網目をもつが,ピグマエアの選抜個体には窓が白っぽい歯牙に覆われるクローンが多い。あまりにかけ離れた風貌ゆえ,両者を交雑させると,濁った窓に不明瞭な線が入るといった,ぼやけた感じの見た目になることが多いようだ。しかし,この個体は窓の透明感はそのままに,網目は原種よりもくっきりしたものになっている。

【入手日・場所】 2011. 3. 5; カクタスニシ通販
【入手時名称】 「スター・ダスト MK-II」
【入手時サイズ】 ϕ 3.2 cm
【原産地】 原種: 南アフリカ
【Field number・由来】 不明