ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Silvania'

[ H. mutica hybrid ]

シルバームチカ / シルバニア

シルバームチカ / シルバニア
2013. 8. 18; ϕ 8.6 cm / 4号鉢

w = 8.6 cm
2013. 8. 18
w = 8.0 cm
2012. 10. 7
w = 7.5 cm
2012. 6. 11
w = 5.7 cm
2011. 9. 4
w = 4.3 cm
2011. 3. 26

大型・ダルマ葉のムチカ交配種の銘品。小苗のうちは際立った特徴を持たないものの,老成すると窓に白いぼかし模様 (白雲) が入るようになり,その名の通り銀色をイメージさせるような迫力のある姿へと変貌する。シルバニアという名称は,園芸品種の名前にラテン語の種名を使うことが禁止されたことを受けて,新たに提案されたもの。

原種のムチカの中にも白雲が目立つ個体群があり,最近は彼らを新種 H. sanekatai として独立させる見解が提唱されているようだ。この形質は子孫にも遺伝するため,白雲が特に強く出る選抜個体が交配育種の片親として使われている。本品種も,このような系譜につながる品種群のひとつなのかもしれない。

【入手日・場所】 2011. 3. 20 鶴仙園池袋店
【入手時名称】 シルバームチカ
【入手時サイズ】 ϕ 4.3 cm
【原産地】 原種: 南アフリカ
【Field number・由来】 不明