ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Seiko'

[ H. truncata × H. retusa ]

「静鼓」

静鼓
2013. 4. 12; ϕ 13 cm × 9 cm / 4号鉢


2013. 4. 12

2011. 9. 23

2011. 1. 25

玉扇 Haworthia truncata と寿 H. retusa の交配種。実際,葉の先端や透明窓の形状は,両親を足して2で割ったような感じになっている。硬質の葉を基本的に二方向に展開する性質は前者から,強健で旺盛に仔吹きする性質は後者から受け継いだものである。

ハオルチアの種間交配種としてはポピュラーな部類であり,ホームセンターでもよく見かける。斑入り品の「静鼓錦」も,濃色の地に黄白色の斑がくっきりと浮き出て美しい割には求めやすい価格であり,斑入りの新品種を作る際の交配に多用されるという。

【入手日・場所】 2010. 12. 14 地元ホームセンターにて購入(出荷元: Cacto Loco)
【入手時名称】 「静鼓」
【入手時サイズ】 ϕ 6.8 cm
【原産地】 原種: 南アフリカ
【Field number・由来】 種間交配に由来する園芸品種