ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia hybrid

[ ♀: H. 'Paint Glass' (H. mutica) [1]; ♂: H. 'Oikawa Kuro' (H. comptoniana hyb.) ]

「ペイントグラス × 老川黒コンプト」

ペイントグラス×老川黒コンプト
2014. 6. 9; ϕ 6.9 cm / 2.5号鉢


x.x cm
2014. 6. 9

毎年春になると某屋上のショップに大量に並ぶ,オリジナルのハオルチアの交配実生のうちの1鉢。 おそらく,コイツとは同期の間柄。

種子親は,青緑色のツヤ消しの濁り窓が特徴的なムチカの銘品。地の部分が不規則に窓に食い込み,少し日焼けさせるとステンドグラスのような美しさになる。 一方,花粉親は透明度の高いツヤ窓に白い網目模様が浮き出る,黒肌のコンプトニアナまたはその交配種。先日のハオルチアフェスティバルの品評会では大賞を受賞していた。

以上のように,両親とも素晴らしいクローンなのだが,よくよく考えると,両親の窓の光沢・透明度は正反対に近い。そのため,長所を打ち消し合って残念な顔になる可能性もある。 今のところは母親似で推移しているようだが,どうなるやら。

【入手日・場所】 2014. 4. 26; 鶴仙園池袋店
【入手時名称】 「 ペイントグラス × 老川黒コンプト」
【入手時サイズ】 ϕ 6.7 cm
【Field number・由来】 国内産交配実生
【参考資料】 [1] http://www.haworthia.net/Tentative%20list.pdf