ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Lovely Queen'

[ H. wimii × H. splendens or a selected clone of H. wimii ]

「ラブリークイーン」

ラブリークイーン
2013. 5. 4; ϕ 6.8 cm / 3.5号鉢

x.x cm
2013. 5. 4

雪景色」の葉を長くして,より白くしたような草姿のクローン。ハオ協の暫定品種リストには2013年5月現在,この品種名で2つのレコードが掲載されており,ひとつはウィミーそのもの,もうひとつはウィミーとスプレンデンスの交配種となっている。どちらが正しいのか,そもそも各々が同一のクローンを示しているのかは分からない。ただ,いずれにせよウィミーの血が入っているのは間違いないようだ。購入時点ですでに標本株の特徴が出ている中苗だったが,これからどう変化していくのか。

【入手日・場所】 2013. 4. 28; ヤフオクで落札
【入手時名称】 「ラブリークイーン」
【入手時サイズ】 ϕ x.x cm
【Field number・由来】 不明