ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Ginrei'

[ H. wimii hybrid ]

「銀麗」

銀麗
2012. 6. 17; ϕ 4.4 cm / 2.5号鉢

4.4cm
2013. 6. 17
2.5cm
2012. 8. 21

「銀麗」と呼ばれているハオルチアの品種は2つのタイプがあるようだ。ひとつはバディアのような三角形の窓に白いケバケバが乗る,ピグマエアの交配種。 もうひとつは黒い地肌に泡のような白い窓が散る,ウィミーの交配種。前者の方が有名なようだが,この苗は後者に相当する。もう片方の親は黒肌のピクタあたりだろうか。

【入手日・場所】 2012. 8. 12; Yahoo!オークションで落札
【入手時名称】 「銀麗」
【入手時サイズ】 ϕ 2.5 cm
【Field number・由来】 種間交雑