ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Crystal Muchika'

[ H. mutica hybrid ]

「クリスタルムチカ」

クリスタルムチカ
2014. 2. 9; ϕ 8.6 cm / 3.5号鉢

8.6 cm
2014. 2. 9

2013. 6. 9

2012. 4. 29

2011. 8. 7

強光条件下で美しいピンク色に染まる寸詰まりの葉が特徴的な品種。銘品「シルバームチカ」と同様,ムチカを絡めた交配によって作出されたらしく,両品種の草姿はよく似ている。小苗のうちは没個性的だが,老成すると窓の表面を走る筋模様が白く浮き出て目立つという特徴も共通。

園芸品種名にはラテン語は使用できないため,和名をそのまま使う場合はH. mutica 'Crystal' となるところだが,すでに「クリスタル〜」という名の品種が同属他種で複数存在するため,ムチカをローマ字表記して差別化を図っている。'Crystal Mutica' ではなく 'Crystal Muchika' となっているのはそのため。なお「シルバームチカ」については,ラテン語表記を避けるための新名である「シルバニア」が使われることが多いようだ。

【入手日・場所】 2011. 4. 3; Yahoo!オークションで落札
【入手時名称】 「クリスタルムチカ」
【入手時サイズ】 ϕ 4.0 cm
【由来】 国内産交配品種 / 作出: 今井氏; 育成: 池田氏[1]