ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia comptoniana G.G. Sm.

[ A selected clone with thick lines on leaves ]

特太線コンプトニアナ 「COMP4」

コンプトニアナ
2014. 5. 24; ϕ 9.8 cm / 4号鉢

9.8 cm
2014. 5. 24
9.5 cm
2013. 5. 19
9.5 cm
2013. 4. 7
9.8 cm
2012. 8. 11
6.4 cm
2011. 8. 5
4.9 cm
2011. 4. 24
4.7 cm
2011. 2. 11

「艶窓極太線」というキャッチフレーズ付きで購入したコンプトニアナのひと株。一部で特太線コンプトニアナという名前で流通しているものと同じクローンだと思われる。

確かに,我が家に存在する他のコンプトのどれよりも葉の透明窓の光沢が強く,網目模様もはっきりしている。展開して間もない葉はまるで七宝焼きのような感じだ。また,通常のコンプトの葉の輪郭は三角形に近いが,この個体のそれはもっと丸みを帯びていて,スペード型というか涙滴型というか,そんな形状をしている。別種の血が混じっているのかもしれない。

【入手日・場所】 2011. 2. 10; 鶴仙園池袋店
【入手時名称】 艶窓極太線コンプトニアナ 「COMP4」
【入手時サイズ】 ϕ 4.7 cm
【原産地】 南アフリカ
【Field number・由来】 不明