ススキノキ科ハオルチア属

Haworthia 'Amida Compto'

[ H. comptoniana hybrid ]

「アミダ・コンプト」

玉扇
2014. 8. 24; ϕ x.x cm / 3号鉢


2014. 8. 24

2013. 5. 18

透明度の高い窓をバックグラウンドに浮き上がる,アミダくじのような太い葉脈が特徴的な交配種。

コンプトニアナの名とは裏腹に,平べったい葉が低く重なっていく草姿はレツーサのそれを彷彿とさせる。また,ロゼットを構成する葉とは別に,花茎の基部に細い葉が数枚つくが,そうした性質をもつ苗は我が家では他にレツーサ・ソリタリア選抜実生の「ハリケーン」しかない。生産者のカタログには明記されていないが,片親はレツーサまたはその交配種なのではないかと推測される。

【入手日・場所】 2012. 12. 17; カクタスニシ通
【入手時名称】 「アミダ・コンプト」
【入手時サイズ】 ϕ 6.4 cm
【Field number / 由来】 なし / 不明